タイヤ専門店のおやじ

昔は、タイヤの交換はタイヤ専門店でやるのが当たり前だったような気がします。もちろんディーラー任せのかたも多かったのかもしれませんが、いつの日にかオートバックスなどのカー用品店で交換する人が増えていったのではないでしょうか?

円高の影響もあってか?いつの頃からかタイヤの値段ずいぶん安くなりましたが、職人的なアライメント調整などは機械にとってかわられてしまったような気もします。個人商店の職人的おやじがぼやきながら、オートバックスの悪口を言っていたのを思い出します。「昨日今日初めて、まともにタイヤを付けられるわけがねぇ。」という感じです。

最近ではマッチがCMに出てる会社がかなり安くタイヤを売っているようですが、東京にはもっと安くタイヤを交換してくれるお店があります。平野タイヤっていう足立区の環七沿いにあるお店ですが、結構人気でここでタイヤを交換するのがアマゾンなんかで買うよりも安くつくと思います。どんな時代でも生き残る人々がいることを痛感しますね。

最近の日本車は、メンテナンス費用もかなり安く、ディーラーも良心的ですがタイヤに関しては専門店のほうが安くて信頼できる技術が蓄積されている感じもします。ここではアライメント調整の凄い機会もあるようなので、ハンドルがぶれるとか直進しないとかいうことがあれば、依頼してみても良いと思います。昔の専門店のおやじは、感でアライメント調整して自慢していたものですが、時代は変わったということだと思います。

車をどこに売るか考えている場合でも、タイヤのアライメント調整をきちんとしてあれば、手放したくなくなるかもしれません。とくに、タイヤが片ベりしているわけでもないのにまっすぐ進まないクルマは、とっても危険ですからね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る