ハイブリッド車の将来

トヨタよりホンダの方が好きですが、最近のトヨタは結構楽しい車を作るようになったと思います。ハイブリッドの次がとっても楽しみです。

1:2013/09/27(金) 08:29:33.28 ID:

★トヨタ、ホンダ意地と面子 HV(ハイブリッド)車最終戦争

 ハイブリッド車(HV)を巡るトヨタとホンダの覇権争いが熾烈になってきた。

 トヨタへのライバル心をあらわにするホンダは9月6日、6年ぶりに全面改良した
小型車「フィット」と「フィット ハイブリッド」を販売した。
関係者の注目を集めたのは「フィットHV」の燃費性能が、ガソリン1リットル当たり36・4キロメートルと、
トヨタの小型HV「アクア」(35・4キロメートル)を抜き、世界のトップに躍り出たことだ。
最低販売価格は163万5000円で、これまたアクアの169万円より安く抑え、金額と燃費性能の両面で優位性を鮮烈にアピールした格好だ。
 これを踏まえて発表会見の席で伊東孝紳社長は「燃費はまだまだ伸ばせる」と胸を張り、
トヨタへの敵対心をむき出しに「技術で負けないのがホンダの企業文化だ」とまで言い切った。
 そんな意地の表れか、ホンダはフラッグショップモデルの「レジェンド」や、かつて一世を風靡したコンパクトハッチの「シティ」、
さらに唯一無二のスポーツカー「NSX」までもHV車として復活させる。

 HVで先行するトヨタ追撃に、ホンダが目の色を変える理由は明白だ。
ホンダはトヨタの「プリウス」打倒に向け、2009年に「インサイト」を投入した。
ところが、それをいち早く察知したトヨタは、プリウスの価格を一気に40万円も引き下げたばかりか、
HV技術の優位性をうたう戦略をとり、インサイトの出鼻をくじくことに成功した。
 緒戦での惨敗によるダメージは大きく、HVの国内市場でホンダが2割にとどまるのに対して、
トヨタは8割近くを占めている(昨年実績)。何せ世界の累計販売台数はトヨタが500万台を突破、
昨年1年間だけでも世界で約122万台を販売しているのとは対照的に、ホンダは累計で111万台にすぎないのだ。

 そんな現実を痛感すれば、伊東社長が“燃費世界一”のフィットを投入するに当たってトヨタへ大見得を切ったのもわからなくはない。
 とはいえ「HVの本家」を自負するトヨタも負けていない。ホンダが野心作を投入してから3日後の9月9日、
トヨタは高級セダン「クラウン」シリーズの新型HV車「マジェスタ」を販売した。
1991年の投入から6代目にして初のHV専用車で、同社自慢の最高級シリーズであることから価格は610万円~670万円。
従来のガソリン車に比べて1リットル当たりの燃費は2.1倍の18.2キロメートルに伸びた。

 顧客対象が前述したホンダのフィットとは全く違うにせよ、「売られたケンカは買って出る」の姿勢が鮮明だ。
 「ホンダ以上に、トヨタは高級車に加えて量販車でも次々とHV車を投入する計画を立てています。
フィットに燃費で出し抜かれたアクアの改良車だけでなく、カローラの投入も囁かれている。
御曹司の豊田章男社長はHVへの思い入れが強く、燃費世界一の座を奪回すべく早々にゲキを飛ばしています」(トヨタ関係者)

 だが、HVの技術開発は自動車メーカーにとって“大いなる金食い虫”とされている。
開発には膨大な資金が不可欠で、普及したとはいえHVの国内シェアは現在も20%弱程度にすぎず、これでは採算がとれない。
海外展開が急務とはいえ、「まだ依然としてガソリン車の天下」(情報筋)とあっては、将来の海外戦略も描きにくい。(続く)

リアルライブ http://npn.co.jp/article/detail/37234126/

続きは>>2-4

10:2013/09/27(金) 08:44:53.54 ID:

アメリカ人ですら最近の異常気象で環境に負担の少ない車選ぶ時代なのに
HV車がもっと普及しないわけがないやろアホか
12:2013/09/27(金) 08:46:41.87 ID:

新型ディーゼルだって安くはないぞ
13:2013/09/27(金) 08:49:06.82 ID:

東京の空気は本当にきれいになった。
22:2013/09/27(金) 09:00:48.67 ID:

最近、アクアやプリウスばかり見る中、インサイトをたまに見かけるとちょっとカッコいい。

cr-zは鼻が丸くてやだ。

23:2013/09/27(金) 09:04:07.97 ID:

つなぎのい技術でもそういった技術の蓄積と経験が貴重な財産となっていくんだよな
26:2013/09/27(金) 09:07:28.83 ID:

> 「究極のエコカーは水素と酸素を化学反応させて電気をつくる燃料電池車で、HVは“つなぎ”の役目とされている。
>これもHVの世界普及を妨げている要因です」

水素自動車なんて50年後ですら実用化されてるかどうかすらわかんないのに
水素自動車までのつなぎだから普及に妨げとか言われても突っ込みどころ満載だなw

32:2013/09/27(金) 09:21:12.60 ID:

世界はハブリッド技術がないから
黙ってみているしかない。

HVは加速もいいし、静か燃費が同じでも
買う価値がある。
HVの割高金は+20~50万円程度、

変なオップションつければ20~30万円するから
HVは商品力がある

37:2013/09/27(金) 09:32:19.70 ID:

どう考えても、この記事は「僻み」だな。HVは世界どこでも通用
する普遍性のある車。 現時点で、自動車技術の最高峰。 なんか、
僻み・妬みの記事にはあきれてしまう。
38:2013/09/27(金) 09:33:10.25 ID:

トヨタホンダ戦争に勝たんがための
外国メーカーへの安易な技術援助はしないように
39:2013/09/27(金) 09:34:54.83 ID:

>>32

技術力のない会社がハイブリッド車に逃げるんです。

2種類の動力を積むことは、「高い」うえに「重い」などと、デメリットが大きいんです。

41:2013/09/27(金) 09:38:27.70 ID:

>>39

変速機の無いプリウスが
ガソリン車にくらべていくら重くいいくら高いか数字で教えて

43:2013/09/27(金) 09:42:42.90 ID:

>>41

外板に変な樹脂パーツみたいなのを使って、無理に軽量化するから、
ハイブリッド車は外装の修理代が高く付くんだよね。

ハイブリッド車は電装部品の部品代も高い。

ハイブリッド車はコンバータ類が故障するだけで、30万円とか40万円の修理代を請求されるから、
メーカー補償が切れるといつ壊れるか怖くて乗れない。

44:2013/09/27(金) 09:44:00.75 ID:

>>43

変な樹脂パーツって何

45:2013/09/27(金) 09:47:07.26 ID:

>>39

傘下にダイハツもあるが

47:2013/09/27(金) 09:52:00.33 ID:

>>44

アルミ素材のリアハッチなど、板金修理のできないパーツの事じゃないかな?

リアゲートハッチの樹脂化はカローラフィールダーで既に実用化済み。

56:2013/09/27(金) 10:25:25.91 ID:

はあ? ライバルがいるからこそ、よりいっそうお互いの腕を磨けるのだろ。
採算がどうの、金喰い虫がどうしたのって、外野がアレコレ言う事じゃないぞ。
何が「世界は冷ややかに見ている」だよ?
オマエが開発資金を出してやってんなら、アレコレ言っても問題無いけどな。
ハイブリッドという、最先端技術を背負った職人同士の腕相撲に野次を飛ばすようなマネはやめろ。
ホンダ アクティトラック万歳!
57:2013/09/27(金) 10:27:44.39 ID:

今更内燃機関で何とかしようなんていうのは学者はともかく経営者としては失格だろ。
何を動力にして動かすかについては全方位で研究して当然。
研究の為の資金を得るには商売しなけりゃいけないわけだし。
59:2013/09/27(金) 10:31:18.56 ID:

初代プリウスが登場した時に何故他のメーカーがHVを出せなかったかといえば
誰もが電気自動車や燃料電池車が将来実用化可能だと思っていたから研究していなかった。
未だに世界中でHV走ってる事を考えれば何処のメーカーも決定打は無いのにな。
61:2013/09/27(金) 10:40:11.09 ID:

いずれ交換しなければいけない電池がいくらするかによるね
何十万円もするようだと普通のガソリン車とか買うほうが割安
ハイブリッドは年間2~3万キロくらい乗らないと割に合わない
乗ってナンボのクルマ
62:2013/09/27(金) 10:41:21.76 ID:

>>57

何を開発してもいいけど、ハイブリッド車の普及が世界で進まず採算がまったく見通せないとすると、
ビジネスとして成り立っていないし、価格競争力もないということじゃん。

FCV(燃料電池車)の低価格化が急速に進むと、
「2種類の動力を積んだ高くて重いハイブリッド車って何だったの?」と言われるようになると思うよ。

65:2013/09/27(金) 10:54:03.33 ID:

>>62

燃料電池車は当面の間急速に値下がりはしません。燃料電池が劇的に下がる時代がくる時は
家庭の電気も燃料電池で賄う時代になるはずです。でも未だに来ません。
長期的な技術開発の見通しを世界中の自動車会社は検討しながら現在の自動車の開発も行います。
当分燃料電池車は普及しないのは確実です。

71:2013/09/27(金) 11:16:21.87 ID:

燃料電池車はハイブリッド車になるんだぜ。回生電力は現在のHV車で培った
バッテリー技術を利用して蓄えるんだからな。

今は内燃機関+蓄電池のハイブリッドだが、将来的には燃料電池+蓄電池に
なるだけだ。

73:2013/09/27(金) 11:33:18.75 ID:

ディーゼルもPM2,5の人体における影響がはっきりしてないから
将来的には今以上に遥かに厳しい規制をかけられる可能性はゼロじゃない。
ガソリンよりもディーゼルの方が遥かにPM2.5を排出するのは改善しようも無い。
内燃機関の研究しか出来ないところは研究機関としてはともかく企業としてはもう駄目なんだよ。
もしもの時の打つ手が無くなって詰むだけ。だから全方位なんだけど。
75:2013/09/27(金) 11:38:21.60 ID:

>>73

新世代ディーゼル車の排気汚染度は既存のディーゼル車の1/100で、同クラスのガソリン車よりもクリーンだよ。

76:2013/09/27(金) 11:41:03.20 ID:

技術のことはわからんが、普通の車に比べて30~100万高。
バッテリー交換費用が30万かかるのがHVだろ。

いくら燃費が良くても買う気にはならんね。

81:2013/09/27(金) 12:44:43.49 ID:

採算が取れない割にはトヨタは儲かりまくってるが何でだぜ
83:2013/09/27(金) 12:50:56.43 ID:

>>81

採算とれてないのは初代プリウスのみ
あとは充分とれてる

85:2013/09/27(金) 13:48:50.31 ID:

>>81

トヨタの決算の中身を見たことがないのでしょうか?

決算発表内容(詳細)

売上・利益

≪自動車部門≫
売上 16兆9945億円(-2.0%) 営業利益 216億円(-74.8%)

日本   売上 11兆1673億円(+1.6%)   営業損失 2,070億円
北米   売上  4兆7518億円(+12.5%)  営業利益 1,864億円
欧州   売上  1兆9939億円(+0.6%)   営業利益   177億円
アジア  売上  3兆3342億円(-1.2%)   営業利益 2,567億円
その他 売上   1兆7601億円(-2.7%)   営業利益 1,088億円

≪金融部門>
売上 1兆1003億円(-7.7%) 営業利益 3,064億円(-14.5%)

≪その他≫
売上 1兆489億円(+7.9%) 営業利益 420億円(+19.4%)

これがトヨタの決算の実像です。

自動車販売部門では17兆円余りの売上にも拘わらず、利益はわずか216億円しかない姿となっています。
しかも、日本国内では<2,070億円>の赤字になっているのです。

トヨタが稼いでいます分野は、金融分野であり、3,064億円も稼いでいるのです。
金融分野の売上1兆1,003億円で利益3,064億円ですから、
利益率は27.8%にもなり、サラ金顔負けの利益率となっているのが分かります。

トヨタはここ数年、自動車で利益をあげている会社ではなく、融資等金融分野で利益をあげている会社になっており、
それはそれで良いことなのでしょうが、ならば株式市場では、ポスト替えをして、金融部門に移行するべきだと言えます。

また、今期、トヨタは1兆円の営業利益予想と報じられていますが、単体の決算をみますと以下の通りです。

売上 9兆9,500億円 営業赤字予想  700億円

トヨタ自動車単体では、今から700億円の赤字を予想しているのです。

単体で赤字となっており、ならば営業利益1兆円は果たしてどこからくるのでしょうか?
かなり眉つばものと思っていた方が良いと言えます。

89:2013/09/27(金) 16:15:15.79 ID:

馬鹿の役員が開発した車だろ。
どうしようもないな。
91:2013/09/27(金) 17:00:54.56 ID:

>>89

内山田さんの負の遺産だと思うんです。

彼を技術部門のトップにして功労者として祭り上げたのが、
いまのトヨタの不採算体質の発端だというエコノミストもいます。

93:2013/09/27(金) 18:38:36.12 ID:

別にトヨタ義理はないがいつかの蒸し返しか^^灰ブりットがカスならとうに淘汰さてるはず
97:2013/09/27(金) 21:32:39.36 ID:

>>93

既にハイブリッド車は淘汰されつつある、世界中のあらゆる市場で受け入れられていない。

98:2013/09/27(金) 21:37:40.30 ID:

>>97

には、全然説得力無い。 
だったらナンで2兆円もの大黒字を稼ぎ出せるんだよ!

本当に馬鹿馬鹿しい!

105:2013/09/28(土) 12:27:27.82 ID:

◆ハイブリッド車を運転して怖く感じる理由

1) モーター駆動
2) モーターとエンジン駆動
3) エンジン駆動

ハイブリッド車は3種類の駆動方式が自動制御で切り替わるから、
駆動が変わる度にスロットル特性が変化して、
ドライバーは車の挙動を予測できなくなるのです。

操作に対して車の動きにリニアリティがないし、
ドライバーの運転に車が介入する度合いが大きいから、
嫌な気持ちにさせられるのです。

110:2013/09/28(土) 13:40:10.89 ID:

ハイブリッド車批判する奴らはアホだというのがハッキリしたな
元スレ:http://www.anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1380238173/


アッと驚く主婦の味方

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る